目指せ貯金1億円!

ケミカルピーリングとは、肌表面に蓄積した古い角質や毛穴の汚れがとれる

投稿日 2017年2月17日 2:05 pm | 投稿者 user026

ケミカルピーリングは、肌の古い角質や老廃物を効率良く取り去ることができますが、肌のもつバリア機能を低下させてしまうというデメリットもあります。

そのため、ケミカルピーリングを受けた後の肌は、ちょっとした刺激や日光にも敏感に反応してしまう傾向があり、施術後はアフターケアに細心の注意を払わなければなりません。

ケミカルピーリングとは、肌表面に蓄積した古い角質や毛穴の汚れ、老廃物などを薬剤で溶かし出して取り除く治療方法で、最近では、ほうれい線対策としてケミカルピーリングを選択する女性が増えてきていると言われています。

ケミカルピーリングは肌の表面に酸性の薬剤を塗布するという施術ですが、蓄積した古い角質や老廃物を効率良く取り除くことができるため、肌の新陳代謝が良くなる、肌の再生が促進されるなどの効果が期待できます。

そのため、シミ・しわ・たるみなどを改善できるとされ、ほうれい線解消にも注目されています。

ケミカルピーリングで使用される薬剤は医療用であるため、エステのピーリングで使用されている薬剤と比較すると高濃度となっています。

安い引越しをしたいなら引越費用の相見積もりを
そのため、高い効果が期待できる一方、一つ間違うと肌にダメージが及んでしまうことも否めません。

ケミカルピーリングを行えるのは皮膚科や美容外科といった医療機関に限られるのですが、施術後に肌がひどい炎症を起こしたり、色素沈着を起こしたりといった例も少なからずみられます。

ケミカルピーリングを検討する場合は、まず評判が良くケミカルピーリングの実績がしっかりある医療機関を探し、周囲の声や口コミなどをチェックした上で、信頼がおける医師が施術を担当しているか確認することをおすすめします。

ケミカルピーリングは、肌の古い角質や老廃物を効率良く取り去ることができますが、肌のもつバリア機能を低下させてしまうというデメリットもあります。

そのため、ケミカルピーリングを受けた後の肌は、ちょっとした刺激や日光にも敏感に反応してしまう傾向があり、施術後はアフターケアに細心の注意を払わなければなりません。