目指せ貯金1億円!

チャイルドシートの役割

投稿日 2017年1月11日 9:41 pm | 投稿者 user026

カーシェアリングとチャイルドシートを両立させるためには、システム提供者がサービスとして考えなければならないと言えます。

これからも時代によって車の働きは変わっていきます。

これからはエコをメインとした時代になるでしょう。

カーシェアリングが広がることはあっても亡くなることはありません。

その一つのキーワードがチャイルドシートなのです。

チャイルドシートを購入する時に、どのような視点で選ぶのでしょうか。

まず、利用状況をイメージしてみましょう。

お母さんが専用の車を持っているなら、チャイルドシートを取り付けたままにしておけばいいのです。

もちろん、子どもを乗せて運転するのですから、横にスライドさせられるタイプがおすすめです。

いくつものメーカーがチャイルドシートを生産しています。

しかし、利便性よりも安全性を高めることを優先しています。

本来、チャイルドシートは子どもを衝撃から守るためのものですから、当然のことでしょう。

自分の車ではなくカーシェアリングを利用している場合を考えてみましょう。

カーシェアリングですから自分だけの車ではありません。

子どもと一緒に乗る時だけチャイルドシートを取り付けることになります。

チャイルドシートを車のところまで運ぶことはお母さんにとって大変な作業でしょう。

もちろん、家から車まで近ければ問題ありません。

しかし、都会で利用するカーシェアリングがそのように都合よくあるはずもないでしょう。

エイジングリペアをお試ししてみました
つまり、カーシェアリングとチャイルドシートを両立させるためには、システム提供者がサービスとして考えなければならないと言えます。

これからも時代によって車の働きは変わっていきます。

これからはエコをメインとした時代になるでしょう。

カーシェアリングが広がることはあっても亡くなることはありません。

その一つのキーワードがチャイルドシートなのです。