目指せ貯金1億円!

歯肉炎が口臭を生み出す

投稿日 2016年11月23日 10:24 pm | 投稿者

口臭は、歯や歯肉の健康状態と大きなかかわりがあるのです。口臭が気になるという人はもちろんの事、自分では気がついていない人も、オーラルケアが大切だということを理解すべきです。

口臭が強い人には、歯周病になっている人が少なくないのです。歯周ポケットにプラークがたまると、細菌によって歯肉が炎症を起こしやすくなると考えられます。すると細菌の増殖でガスが発生し、それだけでも口臭の原因となります。この状態を放置していると悪化して、出血したり、膿がたまって悪臭を放つことになりかねません。それどころか、歯を支える歯根膜や骨までがダメージを受け、健康そうにみえる歯がぐらつき、とつぜん抜け落ちることさえあるといえます。ただ歯周病の初期には、虫歯のような痛みはないのです。そのため気がつかないでひどくなるまで放っておく人が多く、よけいに口臭の原因にもなりやすいわけです。歯磨きなどではなかなか口臭がとれない場合には、歯周病を疑ってみる必要があります。口臭を気にして歯科に行き、歯周病が発見されることも珍しくはありません。

>>白い歯 歯磨き粉