目指せ貯金1億円!

浮気の証拠を掴む

投稿日 2016年6月09日 9:11 am | 投稿者

1.自分で集めるのは危険です
探偵事務所調査を依頼し、浮気の証拠を掴む事が可能です。
浮気を疑われる様子を相手が見せた場合、自分で証拠を集めようとするでしょう。
しかしながら浮気の証拠を自力で集めようとしたら、配偶者に発見されてしまう可能性が高いです。
その原因はズバリ、相手があなたの顔を知っているからです。
ほんとに離婚してもかまわない、慰謝料がたくさんほしいと考える場合、浮気現場に踏み込む方法を取ってもいいです。

しかし、単独で行くのは、大きい揉め事の原因になりうるので、止めるようおねがいします。
あなたが信じて頼れる人と行けば、頭に血が上って事態を悪化させることがないでしょう。
信頼できる人が見つからない場合は、探偵等に頼むことをお勧めします。
もし、あなたの結婚相手が不倫をしていた場合、慰謝料を配偶者とその相手に対して請求できます。
しかし、あなたの夫または妻が不倫する前から、共に住んでいる意味が無幾らいに、すでに夫婦であるとは言いがたい状態だった場合は、あなたは二人に対して慰謝料を請求できません。
慰謝料の額は、いかに精神的に苦しかったか、夫婦の歳、結婚年数など総合的に判断して裁判所が決定します。
まず探偵に関して言うと、人に怪しまれることのないよう警戒を怠ることなく目たたないように調査を進めるのに対して、興信所は多くの場合、企業調査や身辺調査を任されることもあって、興信所から来たことを明かして表立った調査をしているようです。
目的の人物の動きを掌握するのは探偵の方が上手く、他方、情報を収集するような調査は興信所が得意と考えることができます。
原一探偵

2.探偵でも浮気調査に失敗する
探偵の浮気調査を例に挙げても時には失敗することもあります。
探偵は浮気調査において精とおしているとはいうものの、成功しないことが少なからずあります。
相手が急にタクシーに乗ったり、新幹線を使ったり、尾行者の存在に気づく時もあるでしょう。
もしくは、浮気調査期間中に浮気相手に会わないケースでは証拠を掴みきれません。
結婚している相方が、浮気しているときでも離婚を避けたいのなら昔でいう「逢瀬」の場に、勢い込んで行くのはしないほうがいいでしょう。
浮気の事実を突き止められると相方が、ひどく感情的になってしまい、離婚を避けられない事態に陥ることもありえます。
その上、浮気相手との会話によって大きなストレスになってしまうのです。
浮気の事実関係を委託調査する際には、法外に低料金だったり、もしくは高額な報酬金を請求してくる会社ではなく、料金設定が細分化されていて、後で追加料金を請求してこないような探偵事務所が御勧めです。
そして、業者として届け出をしっかり行っているのか事前調査が必要です。
違法調査を実施しているところへは依頼しない方が得策です。
洋服の好みが変化してきたら、浮気の恐れがあります。
浮気の相手が好きな格好をしようとしていたり、わずかでも自分をよく見せたりしている場合があります。
突然、服装の色やデザインが年齢とは合っていないものをセレクトし出したら、大変よくない兆候です。
とり訳セクシーな下着を着るようになってきた時は浮気をしている場合が多くあります。
動きを記録しておくことで浮気の証明をできることもあります。
普通は、人間の一日一日の行動には決まったパターンがあります。
けれども、浮気をすると、動きの法則性が変化してきます。
その曜日や時間帯に着目し、見つけることができたら、一つ一つの行為を見るようにしていくと、浮気の決定的な証拠をつかむ見込みが増えます。
 追跡グッズという探偵が使うものは 自分で購入できるのかといえば購入できます。
一般的に、追跡グッズはGPS端末を用いて使うことが多いものですが、どんな人でもネット等で購入できます。
車両に載せるタイプのGPS端末は、車が盗難され立ときに備えて搭載しておくものですので、いかなる人でも購入できるのは当然です。